おすすめ!エイジングケア化粧品

ichie

 

アンチエイジング対策

エイジングケア美容液が登場したのは1970年代のことです。

世界に先駆けて日本の化粧品メーカーが開発に成功し、販売が開始されました。販売開始後は日本で人気が高まり、その後は全世界で販売されるようになりました。

エイジングケア美容液が販売されるまでは、美容液ではなく、クリームが中心でした。

エイジングケア美容液はクリームよりも保湿成分の濃度が濃く、お肌への浸透力が優れていることが、世界中で人気が高まった理由です。 1990年代になるとアジア諸国は大きく経済発展し、エイジングケア美容液の製造もアジアの新興国で行われるようになりました。

日本の化粧品メーカーはアジアの新興国に工場を建設し、新興国の人々もエイジングケア美容液を愛用する人が増加しました。

 

日本では高齢化が進行しており、加齢に伴うシワやシミなどで悩む人が増加しています。

エイジングケア美容液は高齢化に伴い使用する人が増えており、今後もエイジングケア美容液を使用する人は、ますます増えると予測されます。

最近はアジア諸国や中南米諸国は、経済発展によって、化粧品にお金をかける女性が増えています。化粧品市場はグローバル的に拡大をしており、エイジングケア美容液の購入者は増えています。

今後もエイジングケア美容液の販売量は世界的規模で増えると予測できます。

エイジングケア美容液は、技術革新によって、より優れた効能を発揮できるようになっています。

最近はビタミンC誘導体を含有した美容液が増えており、今後も技術革新によって、品質の更なる向上が期待されます。

 

ハリとツヤ「アンチエイジング世代向け化粧品」を選ぶ5つの基準

しわ・たるみ・くすみ・シミ、加齢にともない増える肌トラブルに正しいアンチエイジング世代向け化粧品を選べていますか?

ハリやツヤを取り戻すために、または維持するために、考えるべき化粧品には5つの基準があります。

 

ここでは、正しいエイジングケアを考えたときの化粧品を見極める5つのポイントを示した上で、成分を根拠とした具体的な化粧品を完全網羅します。

いまお使いの化粧品をチェックしてみてください。

 

正しいエイジングケアを行えば、改善は見られますので遅すぎるということはありません。

また、20代から肌の老化は始まっていますので早すぎるということもありません。

大切なのは、広告や口コミに惑わされないエイジングケアのポイントを理解することです。

 

アンチエイジング世代向け化粧品選びは「肌老化の要因」との対応がポイント

肌のエイジング(老化)の主な要因は、「光老化」「酸化」「乾燥」「菲薄化(ひはくか)」「糖化」の5つです。

この各要因が絡まり合って、しわ・たるみ・シミ・ハリ低下・ほうれい線・くすみなど、いろんな肌のトラブルが現れます。

アンチエイジング世代向け化粧品は、すべてこの5つの要因のうち、どれか(もしくは複数)の悩みを持つ方に向けてつくられた化粧品です。

自身の悩みに合わせた化粧品選びは、原因把握が第一歩となります。以下、それぞれ詳しく解説します。

 

アンチエイジング世代向け化粧品選びの5つのポイント

光老化

紫外線の肌への影響紫外線を長年浴び続けることで、シミやしわ、たるみなどを引き起こしてしまう現象を「光老化」と言います。

光老化については以下に解説があります。

光老化(ひかりろうか)とは

 

 

例えば、紫外線があたりやすい手の甲とあたりにくい二の腕の内側を比べるてと、二の腕は肌触りがなめらかで色も白いですが、手の甲は皮膚の色もくすんで、肌触りがごわついていたり、カサカサした感じがすると思います。

これは紫外線を浴びる量によってメラニンの量やコラーゲンにも違いが出ているからです。

通常の老化は肌機能や女性ホルモンの働きの低下によりますが、光老化は紫外線による老化であるため紫外線から肌を守る事で、くいとめることができます。

 

紫外線にはUV-AとUV-Bの2つがありますが、老化により密接に関わっているのはUV-Aです。

UV-Aは肌の真皮にまで到達し、肌のハリを保っているコラーゲンとエラスチンの2つの線維を破壊することで肌にたるみやシワをもたらします。

一方、UV-Bは真皮にまで到達しませんがシミの原因となります。

 

酸化

アンチエイジングと酸化金属や食べ物などは長く空気にさらされると酸化し錆びてもろくなったり変色したりします。

肌の細胞も酸化によって衰え老化しますが、空気に触れることによって起こるわけではありません。

 

呼吸によって体内に運び込まれた酸素のうち、エネルギーとして使いきれずに残ってしまったものが活性酸素へと変化し、脂質と結合して細胞を酸化させます。

これを「肌の酸化」と言います。細胞が酸化すると、真皮のコラーゲンが硬くなって弾力が低下するなど、老化が進行していきます。

 

乾燥

アンチエイジングと乾燥角質層の潤いを保つ天然成分が20歳をピークに減少していくことによって肌の乾燥が生じます。

肌が乾燥すると、コラーゲンやエラスチンを補給する線維芽細胞の活動が鈍くなり、その結果として肌にたるみやシワがみられるようになります。

肌の乾燥には、油分や水分よりもセラミドなどの保湿成分を含んだ基礎化粧品を使うのが効果的です。

 

菲薄化

アンチエイジングと菲薄化「菲薄化」とは聞きなれない方もいるかもしれませんが、加齢と共に真皮のコラーゲンやエラスチンの量が減少し、表皮が薄くなっていく現象を指します。

これと密接に関わっているのが女性ホルモンで、20〜30代をピークに女性ホルモンの分泌が減ると、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなど、肌の土台を作る成分が減少します。

また新陳代謝も悪くなっていくため皮脂線の活動が鈍くなり、皮脂を生成する速度も遅くなります。

 

その結果、新しい細胞を作り出す力も弱まって肌が徐々に薄く痩せていき、肌の弾力がなくなったり、たるんだりします。

皮膚の薄さに個人差はありますが、紫外線などで細胞が傷つき菲薄化を早めてしまうこともあります。

 

糖化

アンチエイジングと糖化「糖化」とは、体内にあるたんぱく質が、食事などによって取り込まれた糖と結びつくことで、糖化したタンパク質(AGEs)が生成され、体内に蓄積してしまう現象を指しています。

糖化生成物は褐色なので糖化が進むと肌を黄色くくすんだ色に見せ、老けた印象を与えてしまいます。

また、糖化生成物は一度出来てしまうと分解されずどんどん蓄積されてしまう上に、コラーゲン同士を固めてしまい、ハリのなさやたるみの原因となります。

 

コメントを残す